■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■オーランドブルーム
いやー、今日だけ放送の2分バージョンのCM2回も見てしまった。
http://www.shiseido.co.jp/uno/
かっこいいね、オーランドブルーム。
2chもすごいことになってるし、さっそくYouTubeにあがってました。
なんだか耳から離れません、Quincy JonesのAI NO CORRIDAが。

スポンサーサイト
Trackback(2) | Comments(4)
■不味かったパエリアのイメージを吹き飛ばせ!@飯田橋
たまにはグルメネタでも。

この前久しぶりに飯田橋に行きました。
高校が護国寺にありましたが、当時は神楽坂が
お洒落な場所だなんて、全く知りませんでした。

この日はEl Pulpoというスペイン料理屋で食事。
店内はスペイン風のバールのイメージで
カウンターにエビやムール貝が出番を待っている。
NEC_0128.jpg

アジのマリネにタラのコロッケ、そして温野菜などなど。
スペイン料理と言えば、昔マドリッドで食べたパエリアが本当に不味くて
ずっとよいイメージが無かったのですが、どうやらやっと払拭できたようです。
NEC_0129.jpg



Trackback(1) | Comments(1)
■ペルセウス座流星群を見に行った@清里高原
8月14日(火)
朝起きると、ペルセウス座流星群のニュースをやっていた。
北東の夜空を中心に、場所にもよるが1時間に10個ほど見られたらしい。
13日の未明がピークだったみたいだが、今年は月が新月なので観測には好条件で
もう2,3日は見られるとの事。

さっそく、地図やネットで
- 空気がきれいで星がよく見えるところ
- 北東の空が開けているところ
- 町の灯りがすくないところ
を探し、清里高原に夕方向かってみた。

0時過ぎにデッキチェアに寝転んで空を見上げてみる。
20070819221133.jpg

写真では少し赤くなってしまったが、実際にはこんなに明るくはなく
ただただ無数の星が空にうかんでいる。

1時を過ぎる頃から、流れ星が見え始めた。
一瞬、夜空に光りの白い線が引かれる。

3時を過ぎる頃、雲が出てきてしまったので
観察はやめざるを得なかったが、それでも15個ほど見ただろうか。
写真にはなかなかうつりませんね。
P8150292_resize1.jpg


これから空気がどんどん奇麗になる季節。
天体観測に出かける機会が増えそうです。

Trackback(0) | Comments(0)
■二子の夜空に咲く大輪の華@二子新地
8月18日(土)
この日は川崎市の花火大会が多摩川でおこなわれた。
打ち上げ会場が家から歩いて10分くらいのところなので
友人とともに見に行く事とした。

少し早めに行ったために、打ち上げ会場の正面の土手で見る事ができた。
夜19時。花火があがり始める。
NEC_0124.jpg

お腹に響く音と、見上げて疲れてしまう首、ときおり降ってくる花火の粉。

遠く、田園都市線の橋の向こうでは世田谷市の花火大会が並行しておこなわれている。
ちらちら横目で見たが、キャラクター花火など洗練された感じの花火が上がっており、
周りの人は「世田谷は凄いねー」などと話している。
一方我らが川崎市側は、数と勢いのパワー勝負。
NEC_0125.jpg


この日は前の日まで続いた暑さが嘘のように去り、時より夜風が心地よく吹いていた。
世田谷のような洗練された花火もよいのかもしれないが、
本来、夏の暑さを乗り越えるための花火としては、川崎のような勢いがふさわしいのかな。
NEC_0123.jpg

2001年宇宙の旅で有名な「ツァラトストラはかく語りき」など音楽にあわせて
壮大な花火がガンガン打ち上がった最後の10分間が終わると
周囲からは拍手が鳴り止まず、誰もが世田谷の花火の事などは口にしていなかった。
NEC_0122.jpg


なんだか不器用だけど愛すべき川崎市。この町に住んでてよかったと改めて思いました。


Trackback(0) | Comments(0)
■九寨溝/黄龍の旅(3)
さらに歩いて行くと、今度は大きい池が左手に見えてくる。
20070818130046.jpg

20070818130134.jpg

湖面にあまりに奇麗に景色が鏡のように反射しているので
実は水が無く、遥か下から正面の山がせりあがってくるような
圧倒される恐怖感に襲われる。

ここで一端バスに乗り、7km下にある箭竹海に向かう。
20070818130208.jpg

そしてまた箭竹海から遊歩道を歩く。
少し歩くと滝が現れた。
20070818130248.jpg

箭竹海の水がどんどん低いところに向かって落ちて行く。
高さはないものの幅があり、なかなかの景色だ。
20070818130300.jpg

しばらく水の音を聞きながらぼーっとする。

さらに下って行くと、森の奥に湖が見える。
20070818130344.jpg

熊猫海だ。昔はパンダがこの辺りに生息していたらしく、
そこからこの名前がついたようだ。

森の中は相変わらず水が豊富で、
流れてきては、たまって、また流れて行く
がいたるところで繰り返されている。
20070818130427.jpg


15分ほど歩いただろうか、
目の前にひときわ奇麗な湖が飛び込んできた。
20070818130513.jpg

熊猫海です。

パンダはこんな景色を独り占めしていたのでしょうか?
20070818130549.jpg

あまりの美しさに、ただただ湖を見るばかりでした。

Trackback(0) | Comments(1)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。