■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■七夕の日
7月7日、いわずと知れた七夕。
天の川の両側にある牽牛星と織女星が年に一度会う日。
中国の旧暦7月7日は女性が織女星を祭って手芸、裁縫が
上手になるように願う風習がある。【広辞苑より】

短冊に願いを書いて竹に吊っていたのはいつまでだっただろうか。
久しぶりに願い事を書きたくなった。

明日親父が手術します。たいした手術ではないし、
体力のある親父だけど、やはり心配です。

先日両親が上海に来ましたが、
上海という場所も影響してだと思うけど
なんだか年を取ったなー、と思いました。

つい最近「自分にとって大切な人」を考えさせられる出来事もあり、
今一度両親の大切さを身にしみて思いました。

自由奔放に息子はこうやっているけれど
こうしていられるのも親父やお袋のおかげ。
当たり前のことですが、両親も不死身ではないのに
いつまでもこんな調子では親孝行どころではありません。

短気で調子のいい親父だし、そんな親父の血を自分も
ひいているなーと思うとき、昔は少しいやだったけど
最近はなんだか仕方なくも、うれしく思うこともあります。

短冊を飾る竹も身近にないし、牽牛星や織女星も
見えそうにない。それでも今年は願い事をしたいと思います。

親父の手術がうまくいきますように。
そして両親がいつまでも健康でありますようにと。


スポンサーサイト
Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。