■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■上海科学技術館とアーチェリー。
更新が滞った。
ちょっと前になりますが、上海科学技術館、行ってきました。
地下鉄2号線の上海科学技術館駅、降りるのも初めてです。
駅名からして、近そうなのに歩くこと10分くらい。このアクセスの悪さが中国で
す。

さてこの技術館、建物は超立派です。そして綺麗です。
入場料60元を払って、いざ科学の世界へ飛び込もう!!
3階建ての博物館はいくつかのカテゴリーに分かれた部屋に分かれていて
そこでいろいろな体験もできるようになっています。

(1)人体の科学館(3F)
人体、DNAなどに関する展示。昔学校で習った事を
ぜんぜん覚えていないんだと再認識できる場所。
なぜか巨大画面にゴールキーパーが映っていて、PKゲームが出来たり
卓球版のバッティングセンター、ボクシングのパンチを打てる体験コーナーなどが
ありました。(全部無料です)

(2)宇宙館(3F)
宇宙に関する技術が展覧されています。
中国の宇宙服はなぜか薄手で、本当に大丈夫かと心配になってしまいます。
中国の人工衛星のモデルが飾ってあったりもします。
ジャイロスコープみたいなもので無重力を体験できるブースは
機械調整中で乗れませんでした。

(3)ロボット館(2F)
入っていくと、車の製造ラインが再現されています。
ファナック社の黄色い機械が車を作るまねをするのですが
操作盤にダンスのボタンがあり、それを押すと3台のファナック社の機械が
ドラーバーとかハンマーを持ちつつ、音楽にあわせて踊ってくれます。
かなり面白いです。
体験できるのは、コンピューターと五目並びを勝負したり
自分が発生した言葉にあわせて画面の向こうの犬が動いたり、
指定のかばんをつかみ上げては自慢げに見せてくれる機械があったり。
いずれにしても発音悪いとつまらないし、恥ずかしいです。
中国語を勉強しようと思わせてくれる場所です。


(4)熱帯雨林館
植物園もどきです。伊豆のバナナワニ園の1/100位のものでしょうか。
気持ち悪い超大型の昆虫ロボットが上にいたりします。
子供は多分泣くでしょう。

(5)アーチェリー
どこにあったのか忘れちゃったけど、アーチェリーで的を射らせてくれます。
20050919220935.jpg

↑こんな感じです。前の人、女性なのにうまかった。。。
この日唯一チャレンジした体感コーナー。
けっこう自信はあったのですが、3回射ってもぜんぜん駄目。
届かないこともありました。左手のひじの上はなぜか内出欠+みみず腫れ。
悲しい。。。。

ということで、なんともいえない科学技術館でした。
日本やワシントンの科学技術館の方が圧倒的に内容は濃いです。
言葉の問題もあるのですが。。。
とはいえ、時間がある方は肩の力を抜いていってみるのも良いかもしれません。
2-3時間コースです。ちなみに横にあるi-maxシアターで3D宇宙紹介ビデオを見まし
たが
これはかなり良かったです。結構貴重な映像も見られるし。
そしてナレーションはあのトム・クルーズ
でも中国語吹き替えです。


スポンサーサイト
Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。