■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■500円玉と1元玉
コンビニで飲み物とか600円ほど買って
小銭入れからコインを出して気がついた。

20060416210656.jpg


あっ、1元だ。
前から500円硬貨と1元硬貨は大きさが似ていて、
自動販売機とかで使えると聞いていたけど。
気がつかないうちに手に入れていたんだろう。

昨年1年間は中国で生活をしていたから、この硬貨を見ても特に何も思わないが、
もし自分が中国に行っていなかったら、この硬貨を見て何を思うんだろう。

自分が行ったことがない、未知の国の硬貨。
全体が灰色にそまった国の硬貨。
近年、政治・経済への影響が高まってきた国の硬貨。
民主主義ではなく、社会主義の国の硬貨。
反日感情の強い国の硬貨。
あまり興味のわかない国の硬貨。

おそらく中国に対しては歪んだ、一方的な見方しかできていなかったと思う。

15か月という短い期間で、かつ最も進んだ上海だったから
今でも中国の一部しか分かっていない。
それでも自分が実際に生活をしたことで、日本にいては決して分かり得る事の無い
いろいろなことを学び、体験した。

たった13円ほどの価値しか無い、この硬貨。
でもこの硬貨を生んだ国から得たものは、決して値づけられない。

レジで慌てて1000円札を出し、おつりをうけとって、
コンビニを出ながらそんなことを考えていた。

スポンサーサイト
Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。