■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■標高3776m@富士山
夜中の1時過ぎ、身支度を整え頂上を目指して出発
20060930105020.jpg

既に外にはたくさんの人が御来光を頂上で見るためにスタートしている。
僕たちのように仮眠をしないで、下から一気にアタックする人たちもいる。

残念ながらmikiさんとaikawa氏が体調的な理由で、ここで御来光をみて降りると言う。
20061001200426.jpg

4人と登山途中で仲良くなったK田君で
月明かりと星明かりのもと、黙々と登り始める。
ツアーは昨日山小屋についた時点でいったん解散。
日曜日のお昼に5合目で再び集合する。

昨日同様、たくさんの人だ。
おまけに登るにしたがい、道幅が狭くなるため9合目を過ぎる頃には
歩いては止まっての繰り返し。思わず眠ってしまいそうになる。

だからだろうか、気がつくと頂上についていた。
20061001200552.jpg

時間は4時30分くらい。8合目から3時間かかった計算になる。

20061001201108.jpg

東の空が赤くなってきた。眼下には登山者の懐中電灯の灯りとその先には山中湖の灯り。

20061001224228.jpg

そして4時45分くらいだっただろうか、雲の中に赤い光りが。御来光だ。
残念ながらすぐまた雲の中に入ってしまったが、なんともいえない充足した気分だ。
思わずみんなで記念撮影。
20061001224150.jpg

しばらくして、雲の上に太陽が現れた。
こっちのほうが御来光ぽいっかな。
20061001224243.jpg


当たり前のことだが、富士山は火山であるわけで、
頂上に火口がある。御来光を満喫した僕たちは火口を見に。
これが火口。一周するのに2時間くらいかかるらしい。
20061001224307.jpg

向こう左側に観測所が見える。本当はあそこが日本で一番高い場所。
でもさすがにそこまで行く時間と元気がなかった。

山頂からの景色はこんな感じ。あいにく雲が広がっていたが山中湖ははっきり見えた。
20061001224325.jpg


8時半頃だろうか。麓に向かって下り始めた。
雲の上を散歩しているとういのはこんな感じだろうか。
20061001224346.jpg


午前11時すぎ。ようやく5合目に戻ってきた。
下りは思ったより長く、きついものがあったが、
振り返って見えると、そびえ立つ富士山の頂上に立っていたんだと思うと
登ってよかったと改めて思えた。
20061001224402.jpg



スポンサーサイト
Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。