■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■東京での別れ@中目黒
上海でなんども経験した、友人との別れ。
上海での別れはある意味必然なのですが、
ここ東京でもそういった友人との別れはやってくる。

友人のRさんが、5月からシンガポールに赴任するということで
土曜日の午後、中目黒のカフェHUITで送別会が開かれた。
PIC000066.jpg


今日集まったメンバーは、みんな共通のバックグラウンドを持っている
ちょっと変わった集団。

話す内容も
神保町のいもやの話だったり
世界三大ガッカリの話であったり、
車のマーケティングの話であったりするわけだが、
どことなく落ち着いてしまうのです。

ゆっくりご飯を食べた後は、天気もよいので中目黒沿いを散歩。
R0012807.jpg

修学旅行生のように、いろいろなものに興味を示しつつ、ぶらぶらと公園へ行ったのだが
雨が降りそうで、近くのカフェに避難。

晴れて雨が降って、暖かくて寒くて、楽しいお話と寂しいお別れと
すべてが凝縮されたような午後でした。
Rさん、シンガポールに行ってもお元気で。またみんなで遊びましょう。
R0012812.jpg



スポンサーサイト
Trackback(0) | Comments(0)
■Fotologue
Fotologueを本格的に始めようと思います。
使い方が今イチ難しいところではあるのですが。
上海メンバーでは27さんや、宮本君もやっているみたいで。
それにしてもみんな写真上手ですねー。

今まで撮ったお気に入りの写真を自分でも整理しておきたかったので。
とりあえずたくさんある上海の写真を順番に載せていっています。

お暇な方はどうぞ
http://fotologue.jp/yasupon/
まで。

Trackback(0) | Comments(1)
■重慶大厦@香港
香港随一の繁華街、尖沙咀。
目抜き通りの彌敦道(ネイザン・ロード)の南端のほうにこのビルはある。
ChunkingMansion.jpg


「重慶大厦」
1960年代にたてられた17階建てのこのビルは、
当時としては最先端のオフィスビルとして始まったらしい。
ところが80年代に、香港がアジアと世界の中継地点として
その存在感を高めるとともに、
このビルの中にゲストハウス(貸し部屋のようなホテル)がどんどん増えていく。

このビルの中は5つのブロックに分かれており、
ゲストハウスは100件弱ほどあるらしい。
窓もなく、ベッドがただ置いてあるだけの部屋。
また今では減ったようだが、たちの悪い客引き、古い電気系統によるボヤ、
そして火事になったら避難するのが難しい構造。
しかし格安で宿泊できるという事で、様々な人やものが流れ込み、
この重慶大厦は一時期、密輸・麻薬・売春といった治安の悪さではあの九龍城と
並んでいたらしい。

今回の香港はマカオからの日帰りだったので、宿を探す必要はなかったのだが、
「これが噂に聞く重慶大厦かー」と思って入ってみる事にした。

20070325131210.jpg


入り口にたむろしている、目つきの悪い人たちをやり過ごし
中に入ると、思ったより奇麗だ。右側にあるのは両替所。

アラブ系、韓国系、欧米系、アフリカ系、イスラム系
さまざまな人たちが歩いている。
上に向かうエレベーターは数が少なく、狭いためにたくさんの人が待っている。
本当は部屋を見たかったのだが。。。

犯罪の温床であったのは昔の話。
今は監視カメラが多数設置され、警察官の巡回も強化されているらしい。
それでもこの近代的で、明るい建物がひしめく香港の中で
裏の暗い一面を覗かせるこの古いビルは、なんだか圧倒的な存在感を示し
今も香港の中心に建っている。

Trackback(0) | Comments(2)
■風邪の週末にパンを買いに@三軒茶屋
風邪を治すべく、ずっと家にいた週末でした。
予定していたサッカーの大会も参加せず、ひたすら家でゆっくり。

おかげでだいぶ良くなりました。
唯一の外出は散髪とおいしいパンを買いに、三宿に。

おいしいパンに出会うと妙にうれしくなるのですが、
ここのパンにであったのは1ヶ月くらい前かな。。。
下北沢に行く途中で見つけたこのパン屋は
国道246号の三宿の交差点を北に曲がって500mほど走った左側。
PIC000062.jpg


名前はLa Terre。
バゲット、クロワッサン、なんでもおいしい。
こんな店が近くにあったらいいのに。朝も7時からやっています。

PIC000061.jpg



Trackback(0) | Comments(2)
■桜咲く城@小田原
桜の季節が終わろうとしています。

とある日に桜を見に向かったのは小田原城址公園。
小田原市のほぼ中心にあるこの城は、昔北条早雲を始めとする北条家が住んでいたところ。
1590年に豊臣秀吉により落城し、天下統一が果たされるわけだが
それは400年以上も前の今は夢の跡。

敵の侵入を拒んでいたお堀に、無数に咲く桜。
R0012792(1).jpg


この小田原城には天守閣が残っており、最上階からの眺めは最高。
伊豆半島、三浦半島、箱根が一望できる。

そして小田原城の近くにあるとある神社。
20070407122332.jpg

周りの喧噪がうそのように静かな佇まいを見せ、立派な楠がそびえ立っている。

みんなでわいわいするお花見も良いけれど、たまにはじっくりと春の空気に
身をまかせるのもいいなと思った一日でした。

R0012774.jpg



Trackback(0) | Comments(2)
■Bounding Dinner@自宅
タイトルはちょっとしたパクリです。

怒濤の送別会一週間で疲れた胃を休めるために
今週末は料理をしてみた。

作ったのは。。。

【ザーサイ冷や奴】
超簡単。ザーサイとねぎをみじん切りにしてごま油と混ぜる。
豆腐に少し塩と胡椒をまぶし、水気を切る。
混ぜたザーサイを豆腐の上に載せて、少し醤油をかけて出来上がり~。


食べる時はぐちゃぐちゃにして食べましょう。

【キュウリとにんにくの和え物】
中国語では蒜泥黄瓜だったと思う。
適当な大きさに切ったキュウリと細かく刻んだにんにく、塩少々を
袋に入れてもむ。その後冷蔵庫に。
食べる直前に出して、ごま油をちょっとかけて完成。
20070401212054.jpg

これも簡単だな~。
でもお店で食べるほど味がしみ込んでいません。。。

【春キャベツの炒め】
適当にちぎったキャベツと少し多めのにんにくを中火で炒める。
味付けは塩と胡椒。
20070401211941.jpg

今のキャベツは柔らかいので、これだけでも結構美味しいものです。
ただちょっとべちゃっとしちゃったなー。

【豚肉と新ジャガの煮物】
豚バラ肉と新ジャガイモ、ショウガをフライパンで炒めます。
肉に火が通ったら、砂糖、醤油、紹興酒、八角を投入。
水を入れて、10~15分ほどジャガイモが柔らかくなるまで煮込む。
20070401212213.jpg

あくもきちんと取りましょう。
ジャガイモが柔らかくなったら、お皿に移し
細く切ったネギを載せて完成~。
20070401211917.jpg


【卵とキュウリの炒め物】
上海の工場でよく出てきた一品。
作り方がよくわからないので、適当に作ってみた。
まずはキュウリを少し炒める。
卵は別に炒め、ある程度火が通ったら、炒めたキュウリを入れる。
調味料はごま油、塩、胡椒。。。
20070401212316.jpg

うーん、砂糖を入れないとキュウリの苦みが卵にあわないなー。

久しぶりの料理。味付けも難しいけど
やっぱり数品がほぼ同じタイミングで作り終えるというのが難しいですね。
なんだか作っては食べて、作っては食べてでした。


Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。