■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■バス旅行(5)『The Third Day ~SIX DAYS IN TIBET~』
湖を後にして、林芝へ向かう。
チベットは中国の中でも西に位置するが
時間は北京を基準にしているので昼が長い。(朝は遅いけど)
もう17時なのに外は明るい。

20050608215418.jpg

緑を蓄えた山の間に、白い雪山が姿を時々現わす。

日差しは強く、空は真っ青。まるで夏を思わせる雰囲気の中、
堂々と雪を蓄えている様は
まるで、自分は太陽の光にも揺るがされない威風を漂わせているようだ。

バスは林芝の裏にある、樹齢2500年のヒノキの木を
奉っている林芝巨柏林に着いた。

このあたりは標高も低い(3000m)ために種々の植物にあふれている。
20050608215721.jpg


なんだか日本の田舎を思い出してしまう。

そんな中、白い布を巻いた木が現れた。
さすが樹齢2500年だけあって、大きい。写真に入りきらない。
20050608215326.jpg

裏の林に進む。
20050608215350.jpg

少し湿気た緑のにおいが鼻の奥まで入ってくる。

振り返ると緑の木の間から、谷が見える。
20050608215305.jpg

ツアーのパンフレットによると
このあたりは香格里拉の気分を味わえるらしい。
まあ、かなり近いことは確かなのだが。

林芝、チベットとはまた異なる雰囲気の場所だ。
近い将来、空港が出来るらしい。ここからバスでラサに向かう。
きっと面白い旅になるに違いない。
スポンサーサイト


Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。