■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■九寨溝/黄龍の旅(1)
7月14日(土)
朝5時半に起きて、浦東の空港へ向かう。
朝8時過ぎの飛行機で成都へと飛ぶ。
この日から2泊3日で九寨溝と黄龍の世界遺産を巡る一人旅。

成都までは上海から2時間強。
昨日2時頃までSHANTYで飲んでいたこともあり、ひたすら爆睡。
軽い揺れを感じて起きたら、ちょうど着陸したところだった。

成都はチベットに行くときにやはり寄ったので、この空港に来るのも3回目。
相も変わらずパンダ君が空港の外で回っていた。
20070813152234.jpg


九寨溝/黄龍への飛行機の出発時間までは少し時間があったので
なにか成都っぽいものを食べようと思い、空港の中をうろうろと。
すると見つけたのが「老成都特色熟食」なる看板が出ているこのお店。
いかにもそれっぽいものを食べさせてくれそうだ。
20070813152328.jpg

店員に何を作っているのかと聞くと、ゆでた肉をいくつかの野菜と一緒にピタパンにはさんで、
たれをかけたサンドイッチとのこと。
さっそくひとつを注文。
20070813152412.jpg

ピタパンの中には、ゼラチン質たっぷりの豚肉とセロリ、もやし、香草、ピーナッツ、
そして辣油と山椒がたっぷり。
最初はおいしいと思っていて食べてきたが、だんだん口の中がしびれてきた。
なんとか完食したものの、久しぶりの本場四川風味にガツンとやられた。

ハアハア息をしながら、次の飛行機にチェックイン。
成都から九寨溝/黄龍までは40分ほど。
眼下には雪が残る山々が流れて行く。
20070813152435.jpg

九寨溝/黄龍の空港からは乗り合いバス。
客が5人揃ったら出発するというこのバス、
いつまでたっても揃わなかったらどうするんだろう、なんて思っていたが、
15分もするとなんとか5人ほど集まって出発。
ここから九寨溝の町までは1時間半~2時間とのこと。

標高3000mほどのこの地域はやはり空が近くて青い。
20070813152544.jpg

20070813152624.jpg

こうして今回の旅行は始まりました。
スポンサーサイト


Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。