■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■二子の夜空に咲く大輪の華@二子新地
8月18日(土)
この日は川崎市の花火大会が多摩川でおこなわれた。
打ち上げ会場が家から歩いて10分くらいのところなので
友人とともに見に行く事とした。

少し早めに行ったために、打ち上げ会場の正面の土手で見る事ができた。
夜19時。花火があがり始める。
NEC_0124.jpg

お腹に響く音と、見上げて疲れてしまう首、ときおり降ってくる花火の粉。

遠く、田園都市線の橋の向こうでは世田谷市の花火大会が並行しておこなわれている。
ちらちら横目で見たが、キャラクター花火など洗練された感じの花火が上がっており、
周りの人は「世田谷は凄いねー」などと話している。
一方我らが川崎市側は、数と勢いのパワー勝負。
NEC_0125.jpg


この日は前の日まで続いた暑さが嘘のように去り、時より夜風が心地よく吹いていた。
世田谷のような洗練された花火もよいのかもしれないが、
本来、夏の暑さを乗り越えるための花火としては、川崎のような勢いがふさわしいのかな。
NEC_0123.jpg

2001年宇宙の旅で有名な「ツァラトストラはかく語りき」など音楽にあわせて
壮大な花火がガンガン打ち上がった最後の10分間が終わると
周囲からは拍手が鳴り止まず、誰もが世田谷の花火の事などは口にしていなかった。
NEC_0122.jpg


なんだか不器用だけど愛すべき川崎市。この町に住んでてよかったと改めて思いました。
スポンサーサイト


Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。