■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■内モンゴルに行って来た(その1)
8月13日土曜日。
仕事を終えて、一路虹橋空港へ。
19時40分の飛行機で内モンゴルの玄関口、呼和浩特(フフホト)に向かう。

翌、日曜日。午前中は市内観光。
最初の向かったのは昭君墓。
ここは中国4大美女のひとりである、王昭君の陵墓だ。

今回の旅行は会社の先輩と2人で行った。
ガイドは宝さん。(内モンゴル出身29歳。新潟産業大学に4年間留学)
宝さんとは日本語の会話がほとんどなので、
観光スポットでも日本語の説明が聞けるのが嬉しい。

次に向かったのは大召というお寺。
20050819015959.jpg

ふと本堂の上を見ると、こんなオブジェがあった。
20050819020036.jpg

「あれ、ラサの大昭寺にもあったなー」などと思っていたら、
宝さんが、「ここはチベット仏教のお寺です」と説明してくれた。
というわけで、例のマニ車もあります。
20050819020023.jpg

中を見学する際は時計回りに進むのも同じです。

なんだか新鮮だった。
旅に出て、いろいろなことを学んでもその場限りのことが多いのに、
今回はこうやって初めて来る場所にも関わらず、過去の体験が繋がっている。
しかも予期せぬ形で。
中国に来て、いろいろな場所に行って、本当に良かったと思った。

この後、博物館で巨大な恐竜やマンモスの化石に驚き、お昼ご飯にしゃぶしゃぶを食べて
午後、いよいよ草原に向かった。
ちなみに羊肉、全然くさみがなくて、むしろ牛肉よりもおいしかったです。
20050819020010.jpg

スポンサーサイト


Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。