■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■青島に行ってきた(その3)
1時間遅れた飛行機に乗った。

既に22時過ぎ。飛行機はようやく動き出し、
スクリーンでは非常時の脱出方法の映像が流れていた。
「シートベルトを締めてください」スチュワーデスが回ってくる、、とその時,,,

「ブンッ」という音とともに電気が消えた。スクリーンも真っ暗。
エンジンも止まった。非常灯が通路の上に寂しげに点いた。
停電だ。。。
停電?これまで何回も飛行機に乗ったが、停電したことはなかった。
そもそも飛行機って停電するのか?飛んでるときに停電したらどうなんだ?
仮に機長がわざと全部電源を落としたとしても、そんなことをする理由が見つからない。
それともパソコンでいう再起動みたいに、なにかフリーズしたのか。。。

意外なことに他の乗客は意にも介さない。
スチュワーデスも真っ暗な中、歩いている。

いやいや何かがおかしい。このまま復旧したら飛ぶんじゃないか、、、
そんな嫌な思いが頭をかすめる。
たとえ遅くなってもいいから、もう一度点検してほしい。この前の太原みたいになってもかまわない。

10分ほどして、電気が戻ってきた。まずは客席、そしてスクリーン、最後にエンジン。
さあ、これからどうする?ある意味最もドキドキした瞬間だった。
戻るのか、それとも。。。。

何の説明もなく飛行機は動き出した。そして、、、
「飛行機はまもなく離陸いたしますので、もう一度シートベルトを確認ください。座席の前のテーブルは、、、」
停電の原因の説明もなく、まるで、僕一人だけその停電の時間を過ごしたかのように
全てはいつものように進んでいく。

もう機が機ではなかった。よっぽど「おろしてくれー」って言おうかと思ったが
周りがあまりにも普通にしているので、できなかった。。。(←チキン)

離陸後、全く役に立たないのにずっと肘掛を握り締めていた。
時計もずっと見ていた。「あと、45分、、、、あと、43分、、、」
ヒューズが飛んだのかもしれない、
そう思うと隣の人が読書灯をつけるだけでもビビリまくった。(←チキン)

長い長い1時間が過ぎた。虹橋空港についた瞬間、全身の力が抜けた。
よかった、、、、しばらく飛行機に乗りたくはありません。。。。
スポンサーサイト


Trackback(0) | Comments(1)
コメント
[ゆう/URL]
飛行機の停電、あった気がする。確か。
全く気にしなかった、・・気がする。
大雑把な性格ですみません。。。
2005-09-08 木 [編集]   
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。