■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■チベット再訪 (その3)
ご飯を食べて、向かったのは大昭寺。
チベットで最も聖なる寺院だ。
20051017225155.jpg


チベットの人たちは農閑期に、巡礼をするという。
今回は前回に比べると、巡礼をしているが少なかった。
お寺の中の、ほとんどの堂も鍵がかかっており、外から見るだけであった。
と思ったら、巡礼の人たちが、入って来て、最も聖なる釈迦堂の扉が開かれた。

巡礼の人たちについて行き、釈迦堂に入る。
巡礼者達は、ゾロゾロと列をなし、口々に祈りの言葉を口にしている。
バターのろうそくの匂いが一面に漂っている。
普通の観光とは異なり、空気が重い。

釈迦堂を出た、僕たちは寺の周囲にある、マニ車を見に行った。
20051017225300.jpg

人が誰もいなく、がらんとした回廊は、なんだか
地球上からだれもいなくなったような気がして、不思議な感じがした。

お寺をでて、周囲の八角街を歩く。ここはラサ一番の繁華街。
20051020003407.jpg

20051017225243.jpg

道の両脇に無数の土産物屋がひしめいている。
この八角街をチベット仏教の習慣で時計回りに回る。

それにしても、チベットは西に位置しているので、日が長い。
というより、朝は明るくなるのが遅いけど、夜になっても明るい。
そして日射しが強い。18時半になっても、まぶしいほどだ。

大昭寺の前で、陽に照らされている彼は、何をしているのだろうか?
20051020003756.jpg


明日はヤムドク湖に向かいます。
スポンサーサイト


Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。