■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■チベット再訪 (その4)
ツアー3日目、ヤムドク湖を見て、そのままギャンツェを通り、シガツェへ行く。
そこで1泊して、翌日に戻ってくる。
チベットツアーに関しては、観光ポイントが遠くはないものの、道が悪いために
行くのに半日かかるのが、少なくなく、結果としてこのように1泊でいろいろ見て
帰ってくる小旅行が組み込まれることが多い。

さて、ヤムドクへ向かう。朝のラサは雲が広がる。
20051022230439.jpg

ラサを出てひたすら西に向かう。
20051022230510.jpg

羊の大群にすれ違うのは毎度のことだ。

1時間半ほど走っただろうか。。。
山道を走り始める。ぐんぐん高度が上がっていく。
20051022230526.jpg


そして到着したのは標高4749mのカムパ峠。
そして目の前に広がるのは、見た事も無いような青色に染まった湖がそこにあった。
チベット仏教三大聖湖のひとつ、ヤムドク湖だ。
20051022230549.jpg

20051022230612.jpg

あまりの奇麗さに鳥肌が立った。

風は強く、ナイフのように皮膚を切りさくかのように冷たい。
そんな中、ヤムドク湖は静かにたたずんでいる。
まるで静止画を見ているようだ。

バスに乗り込み、ヤムドク湖のほとりに向かう。
20051022230629.jpg

湖のすぐ横で佇むと、心が洗われるような気がする。
20051022230645.jpg

ツアーのメンバーはもちろん、ガイドでさえ写真を撮りまくり、
初めて雪を見た子供のようにはしゃいでいる。

心を清めた一行を乗せたバスは、しばらく湖の横を走り、カロー峠へと進みだした。
スポンサーサイト


Trackback(0) | Comments(4)
コメント
すごい!! [暗黒寺/URL]
感動しました。
俺も絶対に行きます。
写真でこれだけの美しさならば、
実際には息を飲むでしょうね。
すばらしいです。
2005-10-23 日 [編集]   
[kurousa/URL]
こんにちは。お邪魔しております。
上海にいるうちに1度はチベット行ってみたい(>_<)
と思っていたのですが
写真を拝見させていただいて、ますます行きたくなりました。
2005-11-07 月 [編集]   
[やすぽん/URL]
暗黒寺さん
お久しぶりです。ぜひチベット行ってみてください。
旅行会社のパンフレット必要であれば言ってくださいね。
2005-11-09 水 [編集]   
[やすぽん/URL]
kurousaさん
はじめまして。ぜひチベット行ってみてください。
今後ともよろしくです。
2005-11-09 水 [編集]   
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。