■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■チベット再訪(その7)
10月いつもより少し早くバスに乗り込む。
向かうは聖なる湖、ナムツォ。

この湖には5月のツアーで行く予定だったのだが、
道路が悪く、途中まで行って引き返した。
今回のツアーではナムツォへの途中の羊八井には行くものの、
ナムツォは組み込まれておらず、
行けないとは分かっていても本当はとても行きたい場所であった。

3日目のヤムドク湖に向かうバスの中、カメラ好きのおじさんがみなに問いかける。
「羊八井まで行くならナムツォまで行かないか?」
その他の参加者にナムツォのすばらしさを説明して回る。
ツアーの内容を変更するには全員の同意が必要なために、一人一人に熱く語る。
もちろん僕にとっては願ったりの提案で、異論の余地はない。
結局全員が同意して、急遽ツアー内容が変更になり、
こうして向かうことになったわけだ。

ラサを出て、北へ向かう。前回の時よりも明らかに天気はよい。
前回は厚い雲に覆われて見えなかった、ニェンチェンタンラ山(7162m)も、
すっきりとはいかないが、姿を現してくれた。
20051116074115.jpg



当雄で左に曲がり、山に向かう。これから5000mの峠を越えて、ナムツォへ向かう。
また、あの凸凹道か、と思っていたら、
この半年の間に道路は完全に整備されていた。
20051116074103.jpg

雪もないので、バスはぐんぐん進む。前回やっとの思いでたどり着いて、引き返し
た場所もあっという間に通過していく。

そして着いたのはランツェン峠。標高5150m。
はためくタルチョの遠く奥には、聖なる湖ナムツォがその神秘的な姿を現していた。
20051116074200.jpg


峠を越えたら、バスは前方のナムツォ目指して下る一方。
山脈の裏側はナムツォと平原以外にはなにもない。まるで人が神様が定めた人間が
住んでいい境界を越えた気がする。

バスの中の誰もが近づいてくる聖なる湖に釘付けになっている。
そんな時、はやる心を抑えるかのようにバスが停まった。
平原の遠くには山脈が走り、
20051116074344.jpg

振り向くと、汚れをしらない青い空のもと、ナムツォは手を伸ばせば届きそうな距離にあった。
20051116074329.jpg

いよいよ待ちこがれたナムツォに降り立ちます。
スポンサーサイト


Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。