■プロフィール

やすぽん

  • Author:やすぽん
  • 15ヶ月の上海生活を終えて日本に戻ってきました。
    中国も魅力ある場所ですが、日本も捨てたものじゃありません。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■シュヴァスマン・ヴァハマン彗星をもとめて@小淵沢
シュヴァスマン・ヴァハマン彗星の観測場所だが
サントリーの白州蒸溜所の裏にしました。

温泉に入り、ご飯を食べて戻って来たのが19時頃。
望遠鏡の組み立てをおこなう。

19時半。北東の方向を肉眼で見るも、それらしい星がない。
少しずれたところにある、明るい星にレンズを向けたところ木星だった。

21時頃まで一緒懸命に探すものの、どうしても見つからない。
夜の闇もどっぷりと降りて来て、かなりの数の星は観れるのだが。
「すぐ見つかるだろう」と思い、天文雑誌を買っていなかったし
もっとちゃんとネットで調べておくべきでした。

仕方が無いので、その他の星観察とした。
持っている天体望遠鏡は初心者用のものでそんなにご立派なものではないのだが
これがどうしてかなり面白い。

ちなみにこれは低倍率で見たお月様。
Moon2.jpg

望遠鏡の接眼レンズを携帯でうつしているので、無理があるのだが
イメージとしては、こんな感じで。もちろんピントは奇麗にあう。

倍率を上げるとこんな感じ。
Moon1.jpg

自分がまるでアポロ13のクルーになった感じがする。
本当に手に届きそうだし、さらに倍率を上げると自分が月面に降り立ったような気さえする。

ちなみにこれは木星の写真。
20060505232846.jpg

高倍率でもこの大きさでしか観られないし、惑星が動いているために
視野の中を結構なスピードで移動するので、ぶれてしまう。
それでも実際には木星の縞模様や木星の衛星が観られる。

そして写真はありませんが、土星はきちんと輪が見える。

木星も土星も本当に小さくしか観られないのだが
いざ自分の肉眼で見えると本当に感動します。

宇宙の入り口にしかすぎないけど、この先には大きな、本当に大きな世界が待っています。
こんな夜空も観る事が出来る小淵沢、本当にいい場所です。
スポンサーサイト


Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

接眼レンズ接眼レンズ(せつがん-)は、望遠鏡、双眼鏡あるいは顕微鏡の対物レンズや主鏡で集めた光によって焦点に作られた実像を拡大する為のレンズ。特に望遠鏡のものはアイピース(eyepiece)と呼ばれることが多い。望遠鏡や大型の双眼鏡、研究者向けの顕微鏡では接眼レン 2007-08-10 Fri 14:51:06 | 望遠鏡の知識

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。